遺品整理に関する情報が満載!

遺品整理のお話

遺品整理という仕事、ご存知ですか

遺品整理士、という資格があることをご存知でしょうか。
孤独死や事故死、細かく言ってしまうと自殺などの凄惨な現場で、目を覆ってしまうような状況のなかで、 遺族に大事な遺品をまとめて届ける、というお仕事です。
特殊清掃などと銘うった会社には、遺品整理士の資格取得者が在籍している場合が多いです。
突然の身内の死には、なかなか向き合うことが出来ずつらいものです。
そんな方の強い味方であるのが遺品整理士です。
身寄りがなく孤独に死んでいってしまった方の遺品の整理を大家さん、 凄惨な現場に入って身内の死と向き合う覚悟が無い遺族からの依頼が多いようです。
誰かがやらなければいけない仕事で、ひとつとして同じ現場がなく、依頼者のニーズに合わせた柔軟な対応が必要です。
まだまだ世に知られていない資格ではありますが、あなたの知らない世界ではなく、いつか必要とする日が来るかもしれないので、知っていて損は無い資格、仕事のひとつと言えるでしょう。

遺品整理という仕事をする

高齢化社会になり、ひとり暮らしのお年寄りも年々増えています。
最近では、親が元気な間に実家の片付けをすることがよく特集されています。
確かに、いつかは整理をすることになります。
遺品整理は、亡くなってから遺族がするものですが意外と片付ける荷物が多くあり時間がかかるものです。
そのために、親が元気な間に少しでも荷物を減らすことをしていきます。
遺品整理というと、亡くなってからもしますが、近頃では生前にされる家庭も出てきました。
仕事として、遺品整理をする場合には通常の片付けと同じではなく、やはり家族の思いを持ちながらしていきます。
家族の目線で、片付けをしていくと写真や思い出の品物がよくわかり簡単に捨てることができないことがわかります。
仕事ですが、そのときには家族の一員になりきり不要なものを仕分けていきます。
思い出の品物を、遺族に確認してもらうときにはとても感謝をされる場合が多くあります。
仕事としては、やりがいがありまた人から喜ばれています。

おすすめWEBサイト

2016/10/6 更新

△ページトップ